歴史と進化。木目金。

木目金の歴史とその進化を見てみましょう。

今、話題の結婚指輪「木目金」

歴史と進化。木目金。

今では結婚指輪にまで応用されるようになり、かなり一般的な物となった「木目金」ですが、そもそもは400年前の江戸時代に考案された技術で、武士が持つ刀の鍔を作るために用いられていました。

刀の鍔には、武具としての意味合いと同時に、武士の装飾品としての側面もあったため、この時期、多くの芸術的な木目金が作られ、その技術も発展していったと言われています。

しかしながら、明治時代に入ると、廃刀令が交付されたこともあり、刀を持つという文化が一気に無くなってしまいました。

そのため、鍔として発展してきた木目金の文化も一気に廃れてしまいました。

この時期、木目金の伝統は途絶えかねない危機に瀕しましたが、一部の金工職人によりその技術はほそぼそと伝承され、その技術は進化を加えながら今でも一部の職人によって守られています。

江戸時代の木目金と現代の木目金を比べてみると、その素材に大きな違いがあることが分かります。

江戸時代の木目金は金・銀・銅を中心に作られていましたが、現代の木目金はプラチナ・ゴールド・ホワイトゴールド・グリーンゴールド・ピンクゴールドなど、色とりどりの金を用いることで、昔にはなかったより複雑な模様を実現しています。


Copyright (C) www.ph-books.com. All Rights Reserved.

今、話題の結婚指輪「木目金」