木目金の作り方〜地金が出来るまで

木目金の作り方を具体的に見てみます。地金が出来るまでの工程です。

今、話題の結婚指輪「木目金」

木目金の作り方〜地金が出来るまで

江戸時代から伝わる日本の伝統技術「木目金」

元々は刀の鍔から発展した技術ですが、今やジュエリーにまで応用されており、とりわけ結婚指輪の世界では「木目金」は大変な人気です。

さて、その伝統の技術とはどのようなものなのか、具体的に「木目金」の結婚指輪の製作工程を見てみましょう。

木目金はもともと複数の種類の異なる金属を組み合わせて、独特の木目のような模様を作り出す技術です。

そのため、木目金を作るには先ず最初に、金属(地金)の組み合わせを決める事からスタートします。

結婚指輪の場合は、依頼者の希望を聞きながら地金を選択します。

異なる地金を交互に何層も何層も積み重ね、特殊な工具で上下を押さえつけます。

この状態で高温で熱することで地金同士が一体化してきます。

ちなみに、この熱するときの火力によって出来上がる木目金の模様が異なるのだとか。

火力を強めたり、弱めたりすることで、美しい木目調が作られるのです。

熱により地金が一体化したら、高温のままハンマーで打ち付けて、丈夫な地金を作ります。

この作業を繰り返すことで丈夫さもアップします。

後はその地金を曲げる、ねじる、削る等して、独特の木目模様を作っていきます。

全てが手作業なので、この世に二つとして同じ木目金の地金は存在しません。

木目金の地金が完成したら、いよいよ指輪に加工します。


Copyright (C) www.ph-books.com. All Rights Reserved.

今、話題の結婚指輪「木目金」